世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒涼とした大地

2009-09-30-Wed-00:52
世界一周 173日目 シャウエン→フェズ(モロッコ)               記事:まさ

とても居心地の良い町、シャウエンを離れフェズに向かいます。
朝バスのチケットを買いに行こうとしたら、宿のおじさんが電話で予約をしてくれた。
ここの宿のおじさんは、いつも(ちょっとやらしい)笑顔でサービスも良くお勧めです。

スープ屋さん
▲朝食を食べたスープ屋さん▲


13時発のCTMバスでフェズへ。
バスに乗り込むと、うちらの席にアラブ人が座っていた。
どけと言ってもなかなか聞かず、周囲の人が説得しても応じない。
後ろが詰まっていたので、空いている席にとりあえず座ったが、
ニヤニヤとした顔が余計にいらいらさせてくる。
ムキー。

バス
▲なぜかバスがユーロラインバス。中古かな?▲


しばらく進むと、風景が変わってきた。
沢山あった木が草になり、そのうち何もない大地が広がり始めた。

大地
▲大地のみ▲

湖
▲たまに湖が▲

エアコンが全然効いていなくて、めちゃくちゃ暑い。
今までの町では毎日雨が降り、モロッコのイメージとは違っていたが、
今日は日差しがとても強い。
これからが砂漠の国モロッコの本領発揮かな。

駐車場?
▲ドライブインではこんな乗り物も駐車しています▲


18時フェズ到着。
バスで乗り合わせたオーストラリアからの2人とタクシーをシェアして旧市街のメディナへ向かう。
メディナに到着するや否や、男の子が話しかけてきて案内を始めた。
これが良く話に出るフェズの自称ガイドか。

タクシー運転手からうちらが向かうホテルの名前を聞き出し、勝手にどんどん進んで行く。
あとでお金を請求されそうなので本当は嫌なのだが、ついて行くしかない。

到着したホテルの言い値は1人80ディラハム。
いきなりシャウエンの倍の値段だ!
他のホテルをあたってみるも、どこも似たような値段と設備。
もう諦めかけた頃、なんとか交渉で1人60ディラハムまで下がる宿があった。
部屋はめちゃくちゃ狭いし、シャワーも狭いし、WiFiなんて無い。
シャウエンに比べたら半額で充分な宿だが、仕方が無い。

おなかが空いていたので、街に出て夕食を食べる。

ミントティー
▲ミントティー▲

フェズの街は夜でもかなり賑わっていて、お祭のようだ。
屋台も沢山でていて、ただのゆで卵売りから魚のフライ屋など様々。

屋台
▲おじいちゃんのイワシフライ屋さん▲

ホテルがメディナの奥なので、迷いそうな道をなんとか宿へ帰る。
ここのホテルは家族が住んでいる民宿タイプ。
子ども達が賑やかです。
そしておじいちゃんが屋上で日曜大工ならぬ深夜大工。
夜遅くまでギコギコ響く中、なんとか眠りにつきました。
スポンサーサイト
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。