世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストニアの美容院に行ってみた

2009-09-01-Tue-13:57
世界一周 144日目 タリン(エストニア)                   記事:まみ

そろそろ・・・飽きてきました。

教会や聖堂、市庁舎など見るのに。でも写真アップ!
教会

今日から9月ですね。
インドから旅が始まり、アジア、中東、ヨーロッパとまわってきたので、今まで
ずーっと暑かった!
が、今は寒いです。
日本のように夏の終わりの哀愁を感じる間もなく、突然冬が始まった感じです。
ようやく防寒着となる上着を購入!これでフィンランドも安心です。

今、泊まっている宿はOLD HOUSE HOSTEL という名前のとおり古いホステルでこじんまりと
した宿です。
でも、いい感じに古く、キッチンは安宿らしからぬ雰囲気。

キッチン

そして、ホステルならだいたい2段、もしくは3段ベッドになるのに、ここは1段ベッド。
一部屋5人だけなので、窮屈じゃなくてとっても快適!
(つい最近まで男臭い12人部屋だったので)
場所も便利なとこにあり、これでも120クローン(約1000円)だからここは当たりだった。

みんなと
▲同じ部屋のスペイン人のイグナシオとロシア人のポリナ。
イグナシオは写真好きでとても親切な人。けど、ちょっと話が長い。
ポリナは世話好きで面白い人。森でキノコをとって来て夕飯にしていた。

こじんまりした宿だと顔を合わす機会も多く、話しやすい。

旅程
▲こんな感じで北上中。南からリトアニア(ヴィリニュス)→ラトヴィア(リーガ)→
 タリン(エストニア)→フィンランド(ヘルシンキ)


タイの美容院でカットした髪型がへんてこな形になってきたので、ここエストニアの
美容院に行くことにした。

何軒がある美容院のうち、外から見ておしゃれそうな若い美容師がいる美容院に。

が、

美容師だと思った若い人は受付の人で、カットするのは別のおばちゃんが現れた。
そのおばちゃんによるシャンプーが始まると嫌な予感が・・・

適当すぎる!

洗い方と流し方が適当すぎる・・・
カットも適当になるのでは?

一抹の不安を覚えつつ、言われる席に座った。

今回の私の希望は
「男っぽい今の髪型を変えたく、今後は伸ばしていきたいのであまり長さはカットせず
整えてほしい。よって女らしい髪型にしてほしい。」というもの。

おばちゃんは、エストニア語しか分からないようなので、英語を解するお客の男の子が
連れてこられた。でも、この希望を英語でどういっていいのか・・・

面倒臭くなってきたので、聞かれることにYesYes!
と答えてしまった。Noと言えない日本人・・・
美容院

かなり不安なままカット開始。

普通、日本だと美容師さんがお客さんの周りを動いてカットすると思うのだけど、ここの
おばちゃんは自分は座ったまま動かずにお客の私を回転椅子で回してカットしてくる!

クルクルッ。

目が回ってきた。

そして、そして
日本だと前髪など切った際、顔につく毛は肌触りのいいブラシのようなもので払う
と思うのだけど、ここのおばちゃんはなんと自分の息を私の顔にふきかけて払い落とす!
しかも、すごい勢い。

フーッフーッ!!

これには参った・・・

出来上がりは・・・
オット曰く「ソフトボール日本代表選手にいそう」な感じらしい・・・

完全になりたい髪型と逆行してまた男っぽくなってしまった。(泣)

町
帽子
▲pictures from Ignacio. Chao!


スポンサーサイト

バルト3国その3 エストニア

2009-08-31-Mon-03:32
世界一周 143日目 リーガ(ラトビア)→タリン(エストニア)         記事:まさ

またまた今日も移動日。
バルト3国もいよいよ最後、エストニアに向かいます。

ユーロラインバス
交通手段はバスしかないので、EuroLineのバスに乗り込む。
鉄道はバスに客を奪われ、運休が続いているとか。
列車の方が快適だから鉄道もがんばってほしいなぁと思っていたら、それは間違いだった。
今回乗ったEurolineのLuxバスは席もとても快適で、コーヒーも無料で飲み放題!!!
そしてなんとWiFiや電源まで完備していたのだ。
さすがにここまでやると電車では太刀打ちできないのかもしれない。

バスのコーヒー自販機
▲コーヒーの自販機を完備▲

4時間半の移動はブログを更新したりと暇することなく移動ができた。
車窓から見える薄暗い雲の中の平原はイメージ通りの風景だった。

時間通りエストニアの首都タリンに到着。
東欧を北上すること1ヶ月、ついにここまで上がってきました。
すぐ目の前はバルト海、そしてその先には北欧のフィンランドが待っています。

それに対応して気温もどんどん下がってきました。
いつ買うか悩んでいたけど、ここエストニアで服を買っておく必要がありそう。
物価の高い北欧で服なんて絶対に買えませんからね。


宿に荷物を置いて、さっそくタリンの町の散策。
タリンはヨーロッパの中でも街並の保存状態が良い町らしい。
三角屋根のかわいらしい商家の家並みが並んでいます。
そしてその分観光客もバルト3国のなかでは圧倒的に多い。
久しぶりに日本人もちらほら見かけた。

3兄弟
▲3兄弟と呼ばれる3棟の家▲

タリン旧市街
街並
▲かわいいお城が建っています▲


ちょっとした丘の上にお城や教会が建っていて、その高台からの眺めがとてもよかった。
バルト海がすぐ近くに見える。
この海の先に北欧が高い物価で待ち構えているのか。
あ~怖い、怖い。

高台からの風景
▲高台からの眺め▲


う~ん。
それにしても今日は寒い。
風が強く、晴れたと思ったら、あっと言う間に曇り雨がちらつく。
それでも今まで移動や観光中に困るほど雨が降ることが無かったのは幸運だ。
今日のブログに載せた写真も晴れ間に撮ったきれいな写真ばかり。

小さな市街はすぐに見て周れてしまった。
今日も夕食は自炊です。
カレーのルーが余っていたので、ひさしぶりにカレーを食べる。
うーん日本のカレーはおいしい!!!

夕食を食べた後、夜景を見に出かけてみた。
夜景
▲広場の風景▲


☆今日の美味なる物:ご飯

ごはん
▲炊き上がった状態のご飯(買ったときは袋に米が入っているだけ▲

簡単に炊けるお米が売っていたで買ってみた。
多め沸かしたお湯に袋ごと米を入れる。
待つこと15分でご飯が出来上がる。
今まで旅先では鍋でご飯を炊いていたのだけれど、こびりついたり焦げ付くことがしばしば。
洗うのが大変でした。
でもこれなら鍋はさっと洗うだけでよいのでとても簡単。

炊飯器が普及している日本では思いつかないアイデア商品だね。
でも時間は短く済むから、逆に炊飯器がいらなくなる日が来るのかな?
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。