世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルト三国 その1リトアニア

2009-08-28-Fri-23:06
世界一周 140日目 ワルシャワ(ポーランド)→ヴィリニュス(リトアニア)  記事:まみ

「ほまれ、しょう、ひびき、はやて、夏休みの宿題終わったかな?」
(甥っ子です。内輪話ですみません)

小学生の時は夏休みの終わりってなんとも寂しかったなー。
今は毎日夏休みだけど・・・
日本で働いているみんな、すみません・・・


今日はいよいよバルト三国に突入です!

もともとバルト三国に来る予定ではなかったのだけど、旅の途中で会った人に

「どうせ北欧に行くのならバルト通っていけば?」と言われ、

「そっか、そうだようね!」ということでやって来ました。

バルト三国は、旧ソ連から相次いで独立した国。
独立からまだ20年と経っていない国。
北から、「エストニア」・「ラトヴィア」・「リトアニア」と続いています。
三国似ていそうですが、それぞれの国にそれぞれ異なる通貨や言葉があり、街や人も三国三様
らしい。
三国周るのならその違いを感じるのも楽しいとか。

第2次世界大戦中、ナチス迫害を逃れ日本通過を求めてきたユダヤ人に、本国の指示に背いて
までもビザを発行して多くの命を救った杉原千畝氏がいたのはリトアニア。

ちなみに力士の把瑠都の出身地は、エストニア。

今日はその一番南のリトアニアの首都、ヴィリニュスに到着です。

町を歩いていたらカフェでお茶をしていたお兄さんに何もしてないのに「ありがとう」と
日本語で声をかけられた。
ただ知ってる日本語なのか、杉原氏のおかげなのかは分からないけど。

ウジュピスという地域の人魚像を見つけると幸せになるということで、探しに行ってみた。
ガイドブックには場所が載っていなくて、探しても見つからないので道行く青年に聞いたら
連れてってくれることに。

彼に「なんでリトアニアに来たの?」と聞かれ、うーん、なんでと聞かれると・・・
北欧に行く途中にあるからとも言いにくく・・・

人魚像ありました!ものすごく分かりにくい場所。これは地元の人に聞かないと
見つからないかも。

人魚


その後、聖アンナ教会に行くと結婚式をやっていた。
新郎新婦の友達はみんな黄色のドレスや黄色のネクタイをしていた。
何か意味があるのか聞いてみたけど、特に意味はなく、こういう時はみんなで色を決めて
あわせて参列するらしい。
ネクタイならまだしも毎回ドレスを色んな色で用意するのは大変だ。

結婚式

風船

女の子

バラ



リトアニア、のんびりとしたいい街です。

☆今日のデザート
友達からデザートの写真を!と意見をもらったので今日はデザートを。
パンケーキ
▲パンケーキ
こっちで言うパンケーキは日本のクレープみたいなもの。
甘酸っぱいベリーソースがおいしかった!

デザート
▲チーズとイチゴソース
イチゴソースが自然な感じの甘酸っぱさでこれまたおいしかった。








スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。