世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハ観光

2009-08-18-Tue-04:57
世界一周 130日目  プラハ(チェコ)               記事:まみ

安宿ドミトリー(共同部屋)のメリット・デメリット

メリット  ①値段が安い
      ②旅の人と情報交換ができる
      ③キッチンがあり自炊できることが多い
     
デメリット ①プライバシーがない
      ②時々臭い人がいる
      ③時々うるさい人がいる
      

デメリット②臭い人はしょうがないとして、昨夜は③うるさい人が、かなりひどかった。
6人部屋でうちら以外は同じグループの4人組みの男の人たち(多分アメリカ人)だったの
だけど、明け方4時に帰ってきてうちらが寝ているにも関わらず、大声でしゃべりまくり、
寝たかと思ったら激しいイビキ。イビキもしょうがないけど、せめて明け方は小声で
しゃべってほしい。
でも、ヨーロッパは物価が高いので安いドミトリーにまだまだお世話になります・・・

もぐら
▲チェコでよく売ってるモグラのキャラ「クルテク」かわいい!
チェコ生まれのズデネック・ミレル原作の絵本のキャラ。日本では「モグラとズボン」と
いうタイトルで絵本があるらしい。
いつもコメントをくれるのびこちゃんが好きそう。


今日はプラハ観光!
プラハ2度目のオットとは今日の午前は別行動をすることに。
旅に出てからオットとは四六時中、一緒にいるのでたまには別行動も新鮮。

私は1人、プラハ城へ向かいます。
プラハの町はふらふら目的もなく歩いていても楽しい。
素朴なブルガリアやルーマニアと違って建物はすべて重厚で歴史を感じます。

いつもわりとオット任せに目的地に行くことが多いので、自分でプラハ城を目指したら
だいぶ離れたストラホフ修道院まで行ってしまった・・・

その後、ロレッタ教会を見てプラハ城へ。
城内の聖ヴィート大聖堂はかっこいいです。

プラハ城


これはゴシック建築の代表格。
いろいろとある建築様式のなか、ゴシック様式だけは区別がつくようになった。
他にも、ロマネスク、ルネッサンス、バロックなどなどプラハの街ではありとあらゆる
建築様式を見ることが出来る。建築好きにはたまらない街なんだろう。
自分には詳しいことはよく分からないけど・・・

旧市街
▲いつも観光客がたくさんいる旧市街広場

カレル橋
▲モルダウ川とカレル橋



せっかくプラハに来たのだから、夜は教会で行われるクラシックコンサートを聴きに行く
ことにした。クラシックなんて普段聴いたことないんだけど・・・

プラハの街では毎晩いろんな教会でコンサートが行われています。
今回、うちらが選んだのはパイプオルガンやバイオリン、チェロなど7人の奏者がバッハや
モーツァルトなど分かりやすい曲を演奏してくれる内容のもの。
広場


雰囲気のいい教会で聴くクラシックは良かった!
モルダウ川の側にいながら聴く、スメタナの「モルダウ」は特に良かった!
・・・でも後半、少し寝てしまった・・・


今日のごはん : ベジタリアンレストランにて
ご飯

グラム売りのベジタリアンレストラン。好きなものを好きなだけ選び重さを測って値段が
決まります。いろんな野菜料理がどれもおいしかった!
旅の最中は野菜不足になりがちなので、こんなレストランが世界中にあるといいなー。


スポンサーサイト

お人形のオペラ

2009-08-17-Mon-02:04
世界一周 129日目 チェスキー・クルムロフ → プラハ(チェコ)  記事:まさ

日本と違って湿度が無くさわやかなヨーロッパでは毎日気持ちよく目覚めることが出来る。
昨夜は屋根裏部屋はほぼ個室として使えたので良かった。

3年前にも来たこのホテルにまた泊まるのは、懐かしい感じ。
またこの街に来れるなんて、当時は思いもしなかったな。
世界一周に出れたのは理解あるヨメと日本にいる家族友人のおかげです。


スーパーで朝ごはんのヨーグルトを片手にクロムロフ城へ向かった。

クロムロフ城
▲クロムロフ城の塔▲

ここのお城はただの観光用のお城ではありません。
城につき物のお堀の中で、なんと熊が飼われているのです。
10時頃はえさの時間だったのか、親子?のくまさんがすいかやパプリカを食べていた。
にんじんは不人気なのか最後まで見向きもされてなかったけど。
こうやって降りの中の姿を見ると、とてもカワイイ!!!
クロムロフにはぬいぐるみなど、熊のお土産が沢山売られています。
ちなみに、熊の家を掃除しているおじさんも、くまみたいでした。
クマ3匹。

くまさん
▲くまさんお食事中▲

くまさん?
▲こんなのもあります。クマ4匹目。▲

クロムロフ城の塔に登ってみた。
言うまでも無く、いい景色。
階段で暑くなった体に風がとても気持ちよい。
また、もう一度来たい町、No.1の町です。
お城からの眺め


物価の安いクロムロフでのんびりチェコ料理を食べて、プラハへ戻る。
プラハも一度来たことがある好きな街の1つ。
2度目でも道がグネグネ曲がって入り組んでいる旧市街は道に迷ってしまう。
ぶらぶら歩きにはそれも楽しいのだけれど。

ティーン教会
▲ティーン教会▲

カレル橋から
▲カレル橋から眺めるプラハ城▲


今日急いでプラハに帰ってきたのは、マリオネットのショーを見るため。
プラハではマリオネットが盛んで、国立の劇場があるほど。

マリオネット
▲お土産でもマリオネットが売っている。買ってどうするんだ。。。▲

国立劇場のは高そうだったので、街で色々なチケット屋を比べて、
モーツァルトのオペラ「ドン・ジョヴァンニ」に決定。
撮影禁止なのでお見せできませんが、なかなか面白かった。
でも、全然ストーリーが分からなかったけど。

マリオネットの劇場

最近移動ばかりで落ち着く暇がなかったので、プラハで1泊延長することにした。
明日はたまっている洗濯とのんびりネットがしたいな。

気に入ったクルムロフ

2009-08-16-Sun-00:10
世界一周 128日目 プラハ → チェスキー・クルムロフ(チェコ)  記事:まみ

きしむ安宿のベッドとは違って、中級ホテルのベッドは快適でよく眠れた。

昨夜は遅くまで宿が見つからなくて大変だったけど、おかげで景色のいい快適なホテルに
泊まれた。
そのホテルに泊まれるように親切に手配してくれたスネークさんとの出会いもあり、まあ
結果よかったかな。


チェコはプラハに来ています!

プラハは中世の雰囲気がとても感じられる街。
ですが・・・プラハはまた後で・・・

今日は、クルムロフという街へ向かいます。
プラハから電車で約4時間。

車内は途中まで空いていたので、こんなにくつろいじゃっている人が▼
寝る人


途中に一度、2両しかない古い電車に乗り換えをし、森の中を走っていきます。
古い電車はエアコンもなく、ものすごく暑いけど窓ガラスが大きく、カーブ時に曲がる
線路が見えて楽しい!
気持ちのいい風景がずーっと続いてきます。

小さいクルムロフ駅に到着!

私は初めてだけど、オットはこの街に来るのも2度目。
以前オットが泊まったことのある安宿へ。森の中の山荘のような雰囲気の安宿は、予約して
おいた部屋がなくなったということで安くするから屋根裏スペースに泊まってくれと言われた。
15人部屋の中の階段をあがった屋根裏スペースはむしろ快適でいいとこだった。

街


街を歩きはじめてすぐ「あ なんかこの街好き!」と思った。
クロアチアのドブロブニクもそうだったけど、何が理由かは分からないけど歩き始めると
好きな街とそうでない街とがある。

川

ここクルムロフは、ヴルタヴァ川に囲まれた古い町並みがとても素敵。
プラハほど大きくもないし、見所が多いわけではないけど、その分観光客も多くなく
のんびりした感じの街です。

本屋
▲古本屋さん
 店員さんとお客さんが日本の村上春樹について熱く語り合っていた。

お菓子
▲チェコのお菓子?トゥル・ドゥロ
バームクーヘンを作るようなかんじの真ん中が空洞の甘いパン菓子
焼きあがってらシロップのようなものを塗り、砂糖とアーモンドがかけられていた。
おいしいし見た目かわいく、作る過程も面白いので日本で車で売ったら流行りそう。


夜景
▲夜の街もきれいです


☆今日のごはん : ローストポーク・クネドリーキ・ザウアークラウトの甘煮

クネドリーキ
「クネドリーキ」はチェコ料理の付け合せとしての定番。蒸しパンのようで
あまり味はない。肉汁やソースをつけていただく。

オットはガチョウのローストを注文。ガチョウやアヒルもよく食べられるよう。

ビール
▲日本と同じピルスナービール
 チェコはビールが安い!この特大サイズで200円。
 チェコは1人当たりのビール消費量が世界一とか。
 
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。