世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機一髪

2009-07-08-Wed-17:47
世界一周 89日目  アテネ→マドリッド(スペイン)      記事:まさ


今日は移動日です。

昼の便でマドリッドへ移動なので、のんびり起きてホテルで朝食。
シンプルなパンとジャム、コーヒーの朝食だけど、トースターがあるのがうれしい。

アテネの空港へはシンタグマ広場からのバスに乗る。
私たちが泊まっていたオモニャ広場からは地下鉄で2駅なのだが、
割と近かったので歩いていくことに。

移動こそが旅の旅らしいところだが、そうは言っても重い荷物を持って、
暑い中見知らぬ町を歩くのは体力的にも精神的にも疲れます。

地図を見ながら、ちょっと時間が無かったので急いで広場に向かう。

その時ヨメが呼び止めた。
振り返ってみると、ヨメが後ろから来た通行人とぶつかっているように見えた。
どうせ転がしているバックにひっかかったのだろうと思ったがそうではなかった!
なんとヨメの背負っているバックの口が全開になっていた!!!

カメラが無い!?と思ったら、私のバックに入っていました。

幸い、他に貴重なものは入っていないし、特にとられた物も無かった。
いやー、それにしても恐ろしい。

後ろにいたのは中学生ぐらいの女の子2人。
きっと遊び半分だったのだろうが、かなりの人ごみのなかの犯行です。
気づいたヨメの感覚はなかなか鋭いなぁ。

アテネの街並

昨日まではリゾートでのんびりしてたので油断したなぁ。
やはり都会では色んな人がいるし、油断は禁物。
3ヶ月間何事も無く旅をしてきたので、ここらで気を引き締める良いきっかけになりました。

その後はバックを前に背負い、無事空港に到着。
バスもかなり込み合っていたし、気を張っていると余計に移動は疲れます。

スペインへは4時間のフライト。
スペインの航空会社、イベリア航空です。
相変わらず、シンプルな機内ですが、機内食はなかなかおいしかった。


マドリッドでは前回もお世話になったヤガミホステルへ。
夕方久しぶりにマラソンの練習をしたら、以前より体が軽くなった!!
練習と休憩のメリハリが大切だね。

マドリッドの聖堂

夕食はまたしても無料の米と卵を使いまくる。
米が食べれるのはうれしいね。

マドリッドの街並
スポンサーサイト

リゾートは今日で終わり

2009-07-07-Tue-23:13
世界一周 88日目  サントリーニ島→アテネ(ギリシャ)      記事:まみ

ふね

今朝は早く目が覚めた。
オットよりいつも先に起きてしまう。年齢の差か?
暇なので最近は朝ヨガをやっている。
静かな海と朝焼けの町を見ながらのヨガはとっても気持ちいい。

ここのホテルは絶景が見える場所にありながら値段が安くすごくいいホテルだった。

ロバ
▲ロバが人を乗せて断崖絶壁の階段を上がってきます▲

夕方の船でサントリー二島を発ちます。

イアの町からフィラの町までバスで移動。
そこで港行きのバスに乗り換えます。

時間があるのでまたフィラの町でも散策しようかと思ったけど、大きな荷物を預ける
場所がどこにもなかった。
しょうがなく、カフェに入ってオットと荷物番をしながら交代で散策。

小道
皿


狭い道沿いにかわいいお土産屋さんやレストランがたくさん。
ケーキ屋さんもあるけど、日本のケーキの方が見た目が繊細で美しい。
こちらのケーキは、とにかく大きいです。味はまだ未確認。

フェリー

フィラの町からまたバスに乗り、フェリーが出る港まで。
前回も乗ったBLUE STAR FERRY は快適で長時間の船旅も全然苦じゃないです。

思えば、旅が楽になってきた。
シーツの汚れを確認することから始まるインドの安宿や、値段交渉で毎回もめる
エジプトのタクシー。
ヨーロッパにはそんな面倒なことがない。なんて楽なんだ!
楽な分、物価も高いのだけど・・・

船の中にはテレビもあり、今日はマイケル・ジャクソンの追悼番組がずっと流れて
いた。

今日は七夕であることを思い出し、短冊に世界一周旅行の安全祈願?を書いてみた。
こっちでは、もちろん七夕の習慣はないので紙に書いてみただけ。


船がアテネに着いたは夜12時半。そこから地下鉄に乗って宿を目指す予定だったのに
地下鉄がもう終わっていた!ショック・・・
しょうがなく、タクシーに乗ろうとしたら同じような旅行者カップルがいて行き先も
同じ方面だったのでシェアして乗ろうと交渉。
いいよということだったのに、そのカップルを先につかまえていたタクシー運転手が
すごい剣幕でそうはさせない!と言ってきたので諦める。
結局、2人で15ユーロも払って町まで帰ってきた。

前にも泊まったユースホステルに到着したのは夜1時過ぎ。
ドミトリーで、同室の人はすでに寝ていたので真っ暗な部屋の中、物音をたてないように
気をつけて寝る。ふー。

リゾートの快適なホテルでの生活は終わり、これからはまたドミトリーでの生活です。


☆今日のごはん : ほうれん草のパイ

ほうれん草

ギリシャで人気ということで食べてみた。ほうれん草何把分?と思うくらい
ほうれん草ぎっしりでおいしかった。オットはドライトマトのパイ(写真奥)。
こちらはチーズが多くてちょっとくどかったけど、おいしかった。

絶景の町に泊まる

2009-07-06-Mon-02:49
世界一周 87日目  サントリーニ島(ギリシャ)      記事:まさ

今日はサントリーニ島の北部の町、イアに移動。
この前レンタルバイクで夕日を見に行った町です。

結局6泊もしてしまったペリッサのホテルともお別れ。
ここは静かで落ち着ける、そして安い最高のホテルでした。
またいつか必ず泊まりにきたいな。

ペリッサからイアまでの直通バスはないので、フィラの町でバスを乗り換える。
なぜか2本目のバスでは料金を徴収されずラッキー。

2度目でもイアの絶壁からの風景はすごい。
こんなすごい町は世界にもなかなか無いのではないかと思う。
そんな町の景色の中にあるホテルに泊まれるなんて、これは嬉しい。


ホテルからの眺め
▲ホテルからもイアの街並が▲

案内された部屋は海を見下ろすプールの目の前。
プール大好きにはうれしい限り。さっそくひと泳ぎ。
振り返ればイアの街並が見えるプールで泳ぐのは、きれいな旅雑誌の写真のなかみたい。

イアのホテル
▲部屋の目の前がプールです▲


あー、贅沢だぁ。

せっかくの新婚旅行、たまには贅沢も良いですよね?
とは言っても、1泊数万円の最高級ホテルが並ぶこのエリアでも最安値のホテルです。

近くの高級な所はこんな感じ。

高級なホテル
▲デッキチェアというより、ベッド▲

お姫様いす
▲こちらは天蓋付きのテラスです▲


サントリーニ島は本当に、おとぎの世界のような島。
結婚式にもオススメですよ!!!


雑貨屋さん
▲町の雑貨屋さん▲

階段
▲とある階段にて(焼けましたね~)▲


お昼に久しぶりに外食をしてピザを食べたらあまりのボリュームにビックリ。
そして、あまりの値段にビックリ。
ピザ2枚と飲み物で5000円を越えてしまった。。。
景色の良いレストランだからしょうがないか。

午後は日差しが強いので、早々に引き上げて夕方を待つ。
ホテルで読書をしていてもこの町を満喫できる。


あー、いいとこだ。



イアと言えば夕日。
今日ももちろん見に行きます。
そこでびっくりな出会いがありました。
夕日を見下ろす展望台に向かうと、見たことのある女性が。
一瞬思い出すのに時間がかかったけど、アンマンのホテルで一緒だった人でした。
ギリシャに来るなんて聞いてなかったけど、この広い世界を旅していても会うんですね~。

夕日
▲夕日▲

今日も拍手で見送られた太陽が沈んでいきました。
その後ろから人知れず満月の月が昇ってきたのを見た人は少なかっただろうな。

今日は夜までゆっくりできるので、しばらくのんびり。
だんだん暗くなる街並にちょっとづつ灯りがついてゆくのもきれい。

夜景
▲夜景▲

夜の街並
▲夜の街並▲

夜のプール
▲夜の満月の下で泳ぐプールも最高▲



☆今日の美味なる物 : えびのグリルとご飯入りトマトのグリル

エビのグリル
▲おっきなエビのグリル▲

トマトのグリル
▲こちらはギリシャ料理のピペリウス・ゲミステス-トマトとピーマンにご飯を積めて焼いたもの▲

ハウスワイン
▲ハウスワインでもこんなかわいいデキャンタ▲

今日はサントリーニ最後の夜。
おいしいシーフードを頂きました。

髪伸びた&日焼けした

2009-07-05-Sun-03:06
世界一周 86日目  サントリーニ島(ギリシャ)      記事:まみ

いよいよ

タイで切った髪形が変な感じになって伸びてきた・・・

後ろ髪がやたら伸び、田舎のヤンキーのよう。もみあげも伸びてきた。
今日は、オットに切ってもらうことに。
と、言っても髪きりハサミなんて持って来ていないので、代わりに持参していた
眉毛カット用の小さいハサミでちまちまとカット。

所要時間10分。

完成!
後ろともみあげを切っただけなので、そんなに変わってないけどすっきりした!

門


今日もギリシャの日差しは強い。
サントリーニ島に来てから夫婦共々かなり日焼けしてきた。
顔は日焼け止めをしっかり塗っているからそれほどでもないけど、腕や肩が真っ黒だ。
手の平と手の甲とで白・黒と色が違う。

きっと日本では今頃、美白化粧品や日傘が売れているんだろうなー。
日本にいるときは、多少していた肌の手入れも今は、石鹸で洗顔するだけの簡単なもの。
こんなでいいだろうか!?


今日もプールで泳いだりして1日過ごした。

今まで 「足のつかないところ + 自分 ⇒ 溺れる」 と思っていたけど、
ちゃんと人間の体は水で浮くんだーということが今更ながら分かって、プールが
楽しくなってきた。
飛び込みはまだ全然うまくできないけども。

ぶどう畑
▲島じゅうに広がるワイン畑▲

そうそう、この前スーパーで買ったおいしくなかったワインは、ギリシャ伝統の松ヤニが
入ったワイン「レツィナ」というものだった。
うちらの口には合わなかったけど、ギリシャでは人気のよう。

ワイン発祥の地はフランスでもイタリアでもなく、ここギリシャ。
地中海の気候、長い日照時間、石灰岩や火山岩質の土壌というブドウ造りに適した環境が
質の高いワインを作るらしい。
今度は松ヤニの入っていないワインを試してみよっと。

ぶどう

☆きょうのごはん : グリークサラダと夏野菜のトマト煮込み

ごはん

トマト、きゅうり、オリーブなどのなんてことないサラダなのだけど、野菜がおいしい!
ドレッシングはかかっていなく、別で塩、こしょう、オリーブオイル、ワインビネガーが
用意される。上に大きなフェタチーズがのっかっているのでそれを崩しながらいただく。

今日は、夏野菜のトマト煮込みを作り、グリークサラダはホテルのプールサイドバーで
注文した。トマトがおいしく、はまってます!

プールでのんびり

2009-07-04-Sat-20:29
世界一周 85日目  サントリーニ島(ギリシャ)      記事:まさ

今日もこれといった予定の無い1日。
そんなリゾートでの1日を紹介します。


9時頃目が覚める。
ご飯を炊いて、昨夜の残りのシチューと一緒に食べる。

午前は明日は日曜なので、スーパーへ買出し。
アテネに戻るフェリーのチケットを旅行会社に買いに行く。
行きと同じBlue Star Ferryのチケットを無事買えた。
快適な船旅が楽しみだ。

14時頃。
昼食を作って食べる。
今日のお昼は鶏肉となすの味噌炒めとサラダとごはん。
鶏肉みそ炒め

午後は近場のビーチへ向かう。
厳しい日差しの中の1kmの徒歩はきついが、冷たい海が一気に体を冷やしてくれる。

ペリッサのビーチ

海沿いのカフェでお茶をしてホテルへ。
その後は快適なホテルのプールでのんびり。
ここのプールはかなり深いので潜ったり出来てかなり楽しい。

プールの飛び込むの図1
プールに飛び込むの図2

以前は足のつかない深いところには入れなかったヨメも最近は楽しそうに泳ぐようになってきた。

深いところは3mくらいあるのだが、欧米人の子どもはそんなところでもスイスイ泳いでいる。
学校でも深いところでも泳げるような教え方をすれば、水難事故も減ると思うんだけどね。

18時頃、夕食の準備を開始。
ボトフとサラダを作っておく。

20時。
やっと太陽が傾いてくるので、涼しい時間を狙ってマラソントレーニング。
のどかな田園地帯を走る。
いつもと違うコースを走ったら、犬に吼えられて怖かった。

21時。
夕食はビールと一緒に。
その後はまたプールに入ったり、ビリヤードをしたりして過ごす。
ビリヤード台

12時就寝。

う~ん、なんの生産性もない日々です。
自炊をしていると、一日の食費は10ユーロ強くらい。
ホテル代も含めて、2人で50ユーロで生活ができてしまいます。
ずーっとここにいたいなぁ。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。