世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機乗れるのか?

2009-05-23-Sat-15:28
世界一周 43日目  シンガポール    記事:まみ

赤道直下の街、シンガポール。
南国フルーツが豊富です。
なんか臭いなーと思うといつもそこにはドリアンが・・・
やっぱり臭い。
あまりの臭さのためこんな表示も。

ドリアン表示

これはホテルに貼ってあったもの。電車にもよく貼ってあり、臭いから
持ち込むなという意味です。
街にはこんなドリアンをモチーフにしたホールもあります。

ドリアンホール

たしかにイガイガ具合がドリアンっぽい!
臭ってきそうだ。


それにしても昨日のナイトサファリはすごかった!
動物との間に檻がないから本当に夜のサファリを冒険してるかのよう。
最小限のライトで照らされたキリンやシマウマ、幻想的でもありました。
でも、ハイエナは怖かった・・・
日本にもこういう動物園あったら楽しいのにって思うけど、あれはやはり
熱帯雨林の茂る南国じゃないと無理なのかな。

今日は、再びタイに戻るため飛行機での移動です。
空港に着いて、しばらくすると私たちの乗る飛行機バンコク行き
20:40発の予定がキャンセルになっている!とのこと。

おっ!困った。


バンコクに着いたらすぐ次の日、タイ北部チェンマイへ向かう列車のチケットを
すでに手配してあるから今日中にはシンガポールを出たい。
それに物価の高いシンガポールにはこれ以上滞在できないぞ。

オットがカウンターに確認しに行くと、22:25のバンコク行きの飛行機に
乗れということ。
なんでキャンセルになったのか謎だけど、とりあえずバンコクに戻れそうだ。

チェックインしようとすると、さらに問題が。
すでに支払い済みの飛行機代が払われていないとのこと。

???

まえにバンコクのツーリストオフィスで飛行機チケットを購入し支払ったのに、
そのオフィスのクレジットカードに何かしら問題があり、支払いが完結してない
とのこと。よって、ここで今一度お金を払えと・・・

えー!!そんなー。

で、余分に払った分はバンコクに戻ってからそのツーリストオフィスで払い戻しを
受けてくれと。
しょうがないから言われるままに支払いし、なんとかチェックイン。

本当にバンコクで払い戻ししてくれるのだろうか・・・




スポンサーサイト

再会マーライオン

2009-05-22-Fri-21:05
世界一周 42日目  シンガポール    記事:まさ

朝6時半、突然たたき起こされる。
どうやらマレーシアの出国審査が車内で始まったようだ。
昨夜乗ったシンガポールへの夜行列車は寝台がドアの付近だったため
うるさくて安眠できなかった。
そこへきて早朝たたき起こされるとは。。。

大きな橋を渡ったところでシンガポールの入国審査。
世界一周4カ国目、シンガポール到着です。
オットとしては2回目のシンガポール。
前回来た時の印象はとにかくきれいな大都会でした。

シンガポールの街並

駅で朝食を済ませ、シンガポールの町へ繰り出す。
ヤシの木と高層ビルが混在した、それでいて非常にきれいな町並み。
東京の新都心やお台場だけを繋げた本当にきれいな町並み。
名古屋はとても太刀打ちできません。

シンガポールはアジアでも物価が高く、安宿も無いと聞いていたので
ネットで予約した4000円の高級(?)ホテルへ向かう。
当然のようにエアコンがあり、当然のようにテレビがあり、
当然ほっとシャワーの出る快適なホテルでした。
郊外の住宅地なので、交通の便は悪いが静かで良い感じ。

シンガポールは1泊しかしないので、今日から張り切って観光。
お腹が空いたので、シンガポールと言えばのチキンライスを食べに。
これまたネットで調べてあった老舗の食堂へ。
最小で鶏1/2羽のチキンはかなりボリュームがあった。
ランチタイムの中国人で満席の店内はものすごい賑わい。
中国人はランチタイムからものすごい量を食べています。
やる気満々、ネクタイを外して食べ始める人も居るくらい。

お腹がかなりいっぱいになったので、次は定番マーライオン。
街を歩いていても緑が多く、ビルの陰は風が気持ちいい。
マーライオンは爽やかな水しぶきを観光客に吹きかけながら、
ちょっとアホっぽい顔で鎮座していました。
マーライオン


次はなんと世界最大の観覧車、シンガポールフライヤー。高さは165mらしい。
高層ビルが立ち並ぶシンガポールではそれほどの高さではないように思うが、
乗ってみるとやはり高い。
最上部付近ではちょっとドキドキする高さです。

観覧車からの眺め

ヨメはオヨオヨ落ち着きをなくしどぎまぎしている様子。

遠くまできれいな町並みが広がっているシンガポールを一望できます。
そしてゴンドラもとても広く、日本人なら住めそうなくらい。
1人2千円とかなり高いですが、なかなか楽しいイベントでした。
ゴンドラの中

その後はショッピングセンターをぶらぶらして一旦ホテルで休憩。

夜になってからはシンガポールの目玉、ナイトサファリへ向かう。
ナイトサファリとはその名の通り、夜のサファリパーク。
しかもここは巧みに檻をカモフラージュしてあり、本当に夜のジャングルを
歩いているかのような雰囲気が味わえるのです。

1時間かけて到着。
まずはトラムに乗って、説明を聞きながら園内を一周。
鹿などの害の無い動物は柵も無く、触れそうな距離です。
その後は夜のジャングルを自分の足で歩きます。
トラやライオンはさすがにガラス越しですが、
狼やハイエナが檻も無いちょっと先の岩に座っている姿は、かなり怖い。

トラ

何せ暗い夜のジャングルで、あまり周囲に人気もないのだから、
ヨメはかなりびびってオヨオヨし始める始末。
カップルにはおすすめのアトラクションです。

本当はショーも見たかったのだが、時間が合わず。

時間をかけすぎて終電を逃し、タクシーでホテルまで帰りました。


☆今日の美味なるもの: チキンライス
チキンライス

ここのチキンライスは本当においしかった。
鶏がらで炊いたご飯と、蒸し鶏、あぶり焼きした鶏を食べました。
野菜炒めなども薦められましたが、中国人の胃の大きさには対抗できません。

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。