世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレー鉄道南下中

2009-05-21-Thu-20:53
世界一周 41日目  ペナン島→クアラルンプール    記事:まみ

朝5時起床でフェリーに乗り、ペナン島を後にする。

日が昇る前なので、外は真っ暗。
フェリー乗り場まで市バスで行こうと思っていたけど、そんな早朝から
バスも走ってなく・・・しょうがなく歩くことに。
こういうとき、コロコロ付き(ローラー)バックパックはとても便利!

コロコロして歩いているとオットのバンコクで購入した激安バックに異変が!

そもそも、数日前にバックの底が破れかけていたのだけど、さらにコロコロするべき
ローラーがコロコロしなくなってしまった!

しかも、コロコロを確認しようとしたオットは指を軽く火傷。
コロコロは道をものすごい勢いで摩擦していたらしく、溶けかかっていた。
こういうことでも人間って火傷するのね。
コロコロ機能を果たさなくなったコロコロはもはや、ただじゃまなだけ。

しょうがなく、オットはバックパックをかつぎ、徒歩20分のフェリー乗り場まで。
やっぱり何でもあまりに安すぎるものはダメですね~。


ここからは、またまたマレー鉄道に乗り南下します。
次の目的地はマレーシアの首都クアラルンプールです。

日も昇り始め、ジャングルからだんだん町になってくのが車窓から見えます。
途中で見える駅のホームもだんだんきれいになってきました。
駅のホームがきれいになると、今まで停車する駅から乗り込んでくる地元の
おばちゃんが作った食べ物も売り子も来なくなってきた。

うーお腹空いたー。

乗車時間が長いけど売り子が来るだろうと思い、食料を買っていなかった。
飲み水も尽きてきた・・・

次の停車したホームで運良く売店らしきものを発見したので、オットに急いで
水だけ買ってきてもらう。

この間に列車が出ちゃったら大変だとダッシュで行ってもらったけど、
よくよく確認したら停車時間は30分もあるとのこと。
インドなんかでは、列車がなんで停車しているのか訳も分からず、何分待つのかも
分からなかったけど、ここまで来ると駅のホームに電光掲示板があり出発時間が
ちゃんと示されている。便利だ。
同じお店で弁当を購入。
やっとごはんにありつけた~。

午後2時。クアラルンプール到着。都会です。
クアラルンプール駅

早速、ペトロナスツインタワーを見に行く。
ツインタワー

つい最近までは世界で一番高いタワーだったけど、ドバイや台湾で次々に新しい
高いタワーができ、今は世界で5番目の高さになってしまったツインタワー。
それでも高さ400mもあるどでかいビルです。
夜はきれにライトアップされてお城のようでした。


夜ご飯はブキットタウンというホーカー(屋台)街へ。
サテ(焼き鳥)や白身魚のレモン甘酢あんかけ。おいしかったけど、ちょっと
脂っこい。よくよく周りを見渡すとこの店、観光客が多いような。
おいしい店はやはり地元の人で賑わってるとこですな。

屋台で面白いのは衛生監視員の抜き打ちチェックが時折あり、それによって
お店がA・B・Cとランク付けされていること。
実際にタイのチュンポンでもスプーンなど検査している監視員を見た。
なので、きれい好きな人はAのついたお店で食べるといいようです。
インドにもこの制度、ぜひ取り入れていただきたい。

今日はまたこれから夜行列車でシンガポールに向けて出発です。

☆今日の美味なるもの: 駅で買った「ナシルマッ」
ナシルマッ

マレーシア定食です。ココナッツミルク風味のごはんにナッツや小魚、ゆで卵
サンバルソースが絡めてあり、辛いけどおいしい!
なんかの葉っぱで包まれてます。
スポンサーサイト

なぜか世界遺産の町ペナン

2009-05-20-Wed-00:10
世界一周 40日目  ペナン島(マレーシア)    記事:まさ

エアコン無しでも、ぐっすり眠れた。
朝から使い放題のネットで意外と見所の無いペナンの情報収集。
今日の観光はまずペナンヒルに行き、その後チキンライスを食べ、
最後は市内観光という流れに決定。

宿のおばちゃんにペナンヒル行きのバスの番号を聞いてバスに乗り込む。
しかし、ここで問題発生。
バスの料金である3リンギットをちょうど持っていなかった。
バスの中ではお釣りや両替は出来ないようだ。
せっかくきれいなバスなのに面倒なことだ。
結局手持ちの2リンギットで許してもらった。
この辺は適当でよいな。
マレーシアのバス

ペナンヒルとはその名の通りのちょっと高い丘。
こんな島に標高800mを越える山があり、そこがちょっとした避暑地に
なっているらしい。
ふもとからはケーブルカーを乗り継いで一気に山頂を目指す。

ペナンヒルからの眺め

山頂は確かに少し涼しく、そして何よりペナン島を一望する眺めがすばらしい。
対岸のバタワースも良く見えます。

しかし肝心のペナンヒルはかなり寂れた観光地といった感じ。
雲が出てくると廃墟がまるでお化け屋敷のよう。

廃墟?

丘の上では特にすることも無いので、そうそうに降りてきてしまいました。

すでにお昼をすぎ、お腹が空いていたので、予定を変更して昼食を食べる。
バスの途中で気になっていたココナッツゼリーを買ってみる。
味のほうは。。。
ココナッツ果汁そのままといった感じでした。

ココナツゼリー
↑ヤシの実をくり抜いた中にゼリーが入っています


その次は市内観光。
世界遺産ジョージタウンの街中を回る無料のバスがあるらしく、
それに乗って一周してしまおうという、根性の無い観光方法。
バスは冷房も効いていて快適なのだ。

一応は世界遺産ということで、イギリス統治時代の建物が残っている所は
観光していても楽しいところでした。
でも、ちょっと他の世界遺産には劣るような気がしてならない。。。


☆今日の美味なるもの:100PLUS

100Plus

マレーシアでしか見たこと無いが、スポーツ飲料の炭酸版。
暑い国ではスポーツドリンクが役に立ちます。
特に体調が悪いときにはうれしい。
しかし、なかなかおいしい物には巡り合えなかったのだが、これはなかなかでした!

陸路国境越え

2009-05-19-Tue-23:35
世界一周 39日目  チュンポン(タイ)→ペナン(マレーシア)記事:まみ

夜行列車に揺られ、目が覚めるとジャングルの中。

昨日の夜11時に出発してから8時間。
ようやくタイとマレーシアの国境、パダン・ブサールに到着。
ここで国境越えの手続きをします。
一度、列車から降り、駅構内でマレーシア入国手続き。
陸路での国境越えはなんだかどきどきし、楽しいです!
豚インフルエンザの関係で最後にはメディカルチェックや体温測定も
されました。

出入国審査

もう一度、同じ列車に乗り、ここからはいよいよマレーシアです!
車窓からはブルカを被った女の人が見えます。

おー!イスラムの国に来たって感じです!

まずは、ペナン島を目指します。
パダン・ブサールからさらに列車に揺られ3時間。
ようやくバタワースに到着。長い移動だった~。
ここからフェリーに乗り換えるのだけど、フェリーからはもうペナン島は見えている!
ここからは近いのね。
高いビルもいっぱい建ってるのが見えます。
ペナン


ペナン島到着!やっと着いたー。
ペナン島のジョージタウンは世界遺産にも登録されている街です。
何があるのやら?楽しみ!
町並み

街では中国語や日本語の看板も多く見かけます。
人もなつかしのインド人やマレー系中国人、いろんな人種がいます。
建物はイギリス植民地時代のコロニアル調のきれいな建物から中国のちょうちんがかかった
さびれた建物まで。
いろんなものが混在した感じの街です。

☆今日の美味なるもの: えびのBBQと青梗菜のオイスターソース炒め
今日はいろんなホーカー(屋台)が集うレッド・ガーデンへ。
ビールは、やはりイスラムの国だからか高いです・・・
さかな
夕飯
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。