世界一周 Jalan-jalan ブログ

夫婦で世界一周新婚旅行中

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジット

2010-01-19-Tue-11:44
世界一周 284日目 ロサアンゼルス(アメリカ)               記事:まさ

飛行機は無事、ロサンゼルスに到着。
と思いきや、ペルーの首都リマに降り立った。
どうやらこの便は経由便だったらしい。

半数近い客がここで降りて、機内を掃除、また新たな客が乗り込んできました。
機内にいることはできたが、人の出入りもあり、ゆっくり寝れなかった。
リマも来たなぁ。あんまいいイメージないなぁなどと回想にふけりながら出発を待つ。

2時間弱の後、再び飛行機は飛び立ちました。
非常口の説明など、何度も聞くのはうんざりするね。


9時間後、今度こそロサンゼルス空港に到着。
移動時間、14時間。はぁ長かった。
でもここまでこれれば、もう日本は近いぞ。

まずはアメリカ入国。
たかが5時間のトランジット(乗換え)なのに、アメリカは1度入国しなければならない。
全ての指の指紋を採られ、顔写真まで撮られ、時間のかかる入国審査。
めんどくさい。。。

そのくせ、出国審査は全く無いという、出るもの追わず的な方針。

これまでのラテンの国々の適当な係員と違い、全く笑顔無し。
冗談通じ無そう。怖い!!!

ロスの空港
▲ロサンゼルスの空港は曇り空▲

時間があればロサンゼルスの街中までちょっと行ってみたかったのだが、
厳しい入国審査を経たいま、残された時間は3時間のみ。
空港内をブラブラして時間をつぶす。

空港内も日本食レストランや中華レストランばかり。
アナウンスも日本語が溢れ、日本が近い事がひしひしと感じられる。

朝マック
▲オットは朝ごはんに一応本場アメリカの朝マックを食べました。▲

きつねうどん
▲ヨメはなんと、、、きつねうどん▲

あと少しがまんすれば日本に帰れると言うのに、うどんは明らかにフライングですよ。

サクサク繋がるWi-Fiでブログを更新したりして、ロサンゼルス終了。
いつかきっとまた来よう。

これまた異常にぴりぴりとした手荷物検査場を通り過ぎ、ようやく乗換え完了。
アメリカは大変だなぁ。

最後の帰国の飛行機はJALにしました。
12時間近くの移動は日本の映画を楽しみつつ、おいしい機内食を食べながら帰りたかった。
それに、帰国前に少しでも新聞とか読んで日本の情報を知りたいしね。
搭乗口には日本人らしき人がたくさん。
飛行機に乗り込んだ時点で、そこは既に日本でした。

飛行機の搭乗口にずらりと並ぶ日本の新聞。
目に入ってくるのは「日航更生法申請」の文字。
奇しくも僕らが乗り込んだのは現地時間1月19日。
JALが会社更生法を申請した日だったらしい。

新聞を詳しく読むと、今回の旅でかなり溜まったマイレージは保護される事や
今回利用した世界一周券のグループ「One World」からは脱退する見込みらしい。

僕らは航空券の発券もJALにお願いしたため、ルート変更や予約の度重なる変更も
JALのコールセンターの方に快く対応していただけた。
おかげで全体的にとてもスムーズに旅行ができた。
機内のサービスも他のOne World加盟の航空会社の中ではかなり上位だと感じたし、
One World脱退は残念だが、これからもがんばって欲しいと思う。

本当にLANは適当だったなぁと、JALに乗って思います。

機内食
▲機内食はカレーライス▲

日本人ばかりの機内でちょっと緊張しつつも、カレーとうどんの超日本的な機内食がすごくおいしく、
映画が日本語なだけで楽しく感じる機内はとても快適。


飛行機

もう少しで日本到着です。
スポンサーサイト

飛行機工場は広かった!!

2009-11-06-Fri-15:02
世界一周 210日目 シアトル(アメリカ)→バンクーバー(カナダ)        記事:まさ

昨夜のアジア食材店で買ってきたカップそばの朝食を食べて出発。
こんな朝食日本じゃ考えられないけど、ひさしぶりのカップそばはおいしかったなぁ。

今日はシアトル郊外にある、ボーイング社の工場見学に行く。
ここは以前からオットがどうしても行きたかった場所。
日本ではなかなか見られない、ジャンボジェットの組み立て風景が見れるらしい。

ボーイングの「Future Of Flight」という施設まで車で行き、そこからはツアーで工場見学。
最初に映像によるボーイングの紹介や組立ての説明を受ける。
そしてバスに乗り込み工場へ向かう。

工場の敷地はとにかく広い。
何しろ作っているのが70m以上の大きい上、テスト飛行用の滑走路や管制塔まであるのだから、
ひとつの空港並みです。

滑走路
▲敷地内には色々な航空会社の飛行機が並んでます▲

最初に入ったのはボーイング747の工場。
ジャンボジェットの名で有名な747。
やっぱりめちゃくちゃでかいです。屋内にいるから余計大きく見えます。
もう40年前の飛行機だけど、今でも生産は続いている。
入社してから定年まで同じ飛行機作ってる人もいるのかな?

ボーイングの最新型787の製作工場にも入ることが出来た。
ANAが最初の50機を発注したため、今生産ラインに並んでいるのは全てANAの塗装がされている。
最新型機のライン全てが日本向けというのは、見ていてすごい風景です。
現在工場では9号機が最終組立て中。
1~6号機がテスト用らしいから、まだまだ数少ないボーイング787。
これからテスト飛行などを行い、来年度にはANAに引き渡されるそうな。
乗れるのはまだまだ先のようです。

工場内も広いせいか、みなのんびりコーヒー片手に仕事をしているように見えた。
制服もないのか、みなラフな格好。
工場はカメラやバック持ち込み禁止なので、写真は撮れなかった。

ツアーの出発地点であるFuture Of Flightは飛行機に関する展示館と聞いていたけど、
正直何もありません。
小牧空港のほうが楽しい博物館だったな。

コックピット
▲本物のコックピットにも座れます。たくさんの計器類▲

飛行機の頭
▲飛行機のさきっちょ。何の展示だ?▲

外の滑走路でも頻繁に飛行機が飛んでいます。
飛行機の胴体も別の場所で作って、飛行機に積んで運ばれてくる。
そのための太くて短い飛行機がずんどうでかわいかったな。
飛行機の引渡しも、買う側がここまできて、飛行機に乗って帰るらしい。

展示館は残念だったけど、実際に作っている現場を見れたのは貴重な体験だった。


お昼を食べて、バンクーバーに向かってドライブ開始。
その前に本場のスタバでカフェインを補給です。
シアトルにある1号店では、昔ながらのロゴが見れたるするらしいけど、
今回はここで本場気分を味わっておく。

スタバ
▲本場のスターバックス。ドライブスルーが大人気です▲

カナダの国境ではまた今回の旅程などを詳しく聞かれる。
今まで行った国なんかは多すぎて説明も面倒。
口ごもっていたら、「もっと英語を話せるようになりなさい」と怒られてしまった。
スンマセーン。


国境
▲カナダへの国境です▲

今日から再び友人宅でお世話になりまーすm(_ _)m
今夜は中華食材店で仕入れてきたカレーのルーを使ってカレーをお腹一杯。
カレーはうまいなぁ。

4日間のドライブ、久しぶりの運転と憧れのアメリカドライブができて、大満足でした!!!

今日も雨降り

2009-11-05-Thu-15:19
世界一周 209日目 シアトル(アメリカ)                    記事:まさ

昨夜宿にチェックインしテレビをつけると、ちょうどヤンキース戦が始まった。
今日勝てば世界一という試合での、6打点の松井の活躍は見ていてしびれるものがあった。
きっと今頃NYは賑わっているだろうなぁ。

朝起きると、まだ雨は降っていないものの、今にも降りそうな曇り空。
朝食を食べながら、今日の予定を考えてみる。
晴れれば近くのマウントレニエ国立公園に行ってみる予定だったのだが、この天気では微妙。
しかし天気が悪くなっても、車の強みは雨でもドライブを楽しめることだ。
とりあえずは国立公園に向かってみよう。


昨日まではほとんどがインターステートと言うハイウェイだったけど、今日は一般道。
右側通行に気をつけながらの運転です。
スクールバスも厳重に保護されていて、バスが止まる時は後続だけでなく、対向車も全て停車して
待たなければいけません。
偶然その風景を見かけたので知ることが出来たけど、国が変われば色々違うんだね。

スクールバス
▲スクールバスは自ら「STOP」の標識を出してきます。▲

山奥へ続く道をひたすら進む。周りに車は全然見当たらない。
それもそのはず、国立公園の入口まで行ってみると、公園はすでにオフシーズンで閉まっていた。
もうすぐ雪が降るシーズン。山の季節は終わりなんだね。

国立公園入口
▲この先は入れません▲

でも入口付近でも十分にきれいな自然。
クマに出くわしそうで、歩き回るのも怖いほど。

川と山
▲これまた熊が出てきそうな川と山ですね▲

雨も降ってきたので、シアトル近郊で宿を探すことにして、街へ戻る。
久しぶりの運転はやっぱり楽しい。
そろそろ右側通行にも慣れてきました。

本当は宿に荷物を置いてから、シアトルの町を散策するつもりだったけど、
あまりに雨が激しいので、ホテルでゴロゴロしていたら寝てしまった。
来る途中にシアトルの街中を通ったので、それで観光した気分になったしね。
シアトルマリナーズの本拠地、セーフコフィールドも良く見えた。
今はイチローは日本に帰ってるのかな?

セーフコフィールド
▲ちょこっと見えたセーフコフィールド▲


宿の近くに大きな中華系ショッピングセンターが。
大型のスーパーには充実の中華食材と共に、「お~いお茶」や「雪見大福」、カレーのルーなど、
日本でおなじみのものが一通り揃っています。
野菜や鮮魚もあり、なんでも揃う品揃え。
そしてその周りには中華、韓国、タイ、ベトナムレストラン。
アメリカにいることを忘れてしまいそう。

スーパー
▲こんなに大きなスーパーが全部中華、韓国、日本食材!!▲

その中から、本当に久しぶりの韓国料理レストランへ。
美味しいキムチと豆腐海鮮鍋がめちゃくちゃおいしかった!!!
そりゃ、あれだけ材料が揃えば、おいしいよなぁ。

韓国料理
▲今日の夜は韓国料理レストランへ▲

フリーウェイ

2009-11-04-Wed-01:01
世界一周 208日目 ポートランド(アメリカ)                  記事:まみ

「サンディエゴフリーウェイを南へ走ってるー 国境線越えたら砂埃舞うメキシコー♪」

浜田省吾の『夏の終わり』を口ずさみたくなります!あ、知らない?古い??

メキシコへは飛行機で行くけども。

ただいま、アメリカンフリーウェイを縦断中!

日本の高速道路よりも車線が多くてみんな一定のスピード(時速120km~くらい)で走って
いるため運転はしやすいです。半年以上ぶりの車の運転、楽しい!

知らなかったけどフリーウェイって無料なのね。ガソリン代も日本より安い。

フリーウェイよりも街中を走るほうがちょっと緊張します。慣れない左ハンドルと右側走行。

とにかく左折をするとき、間違えて左車線に入らないようにしなくては・・・


今、アメリカのオレゴン州ポートランドという街にいます。
オレゴンってなんか自然ってイメージ。牛乳おいしそう。

オレゴン州は環境破壊を絶対に許さないという姿勢でいろいろと法律があるらしい。
(美しい海岸線を保つため、海岸線の私有地化は認めないなど)

紅葉
▼街の木がきれいに紅葉してます

こんなきれいな木の下を歩いてたらオットの方から「ふぁーー」という叫び声が。
なんだ!?
見たらオットの頭からリュックにかけて、白い液体みたいなものが!

カラスのフン落とされてる!!こんなきれいな街で!

一人うけてたら、普段あまり切れないオットが「早くティッシュ出してよっ!」と切れた。
いやいや、フン落とされてたら誰でも笑っちゃうでしょ・・・


橋
▼ウィラメット川にかかる大きな橋

ポートランドのダウンタウンは端から端まで1.5kmほどしかない小さな街。

しかも、ダウンタウン内はほぼ全域で公共交通機関が無料という素敵な街。

無料のものには乗っておかなくては!

行くあてもなく、無料の路面電車に乗ってみた。終点まで行くと大学らしきところに着いた。

電車
▼構内に路面電車が乗り込んできます

ちょうどお腹も空いたので、大学内のお店でお弁当を買ってみました。
アメリカでも弁当のこと「BENTO」として売ってます。でも、日本のようにおかずとごはんが
仕切られていなく、ごはんの上におかずがのっかってます。

弁当
▼野菜と豆腐照り焼きソース弁当

名前のまま、茹でた野菜と豆腐に照り焼きソースがかかって下にごはんが入ってます。
メニューに寿司はないのに、なぜかガリとわさびもご自由に、と用意されていた。

ポートランド(オレゴン州)は、さらに素敵なことにタックスフリー(消費税なし)の州。
税金が高いアメリカ。
オレゴン州は全米一お買い得な州なのね。だから、ポートランドには高級店がいっぱいです。

うん、オレゴン州ポートランドって住むのに良さそうな街です。

午後はシアトル方面へ向かいフリーウェイを北上します。
LakeWoodという町で今夜は泊まろうかと。ガイドブックがなく地図しかないので、その町に
何があるのか全く分かりません・・・
でも、LakeWoodって名前がなんか良くない? 今日の宿はこの町で探してみます。

念願のアメリカドライブとNBA

2009-11-03-Tue-16:29
世界一周 207日目 バンクーバー(カナダ)→ポートランド(アメリカ)      記事:まさ

今日はアメリカのポートランドへ向かう。
オレゴン州最大の都市らしいのだが、ほんの数日前までほとんど知らなかった。

名前を知ったのは、昨日シアトルまでの道路地図を買いに言ったときのこと。
たまたま買ったシアトルのあるワシントン州の地図には南のオレゴン州も含まれていたのだ。
地図で「Portland」の字を見たときに思い出した。
確かNBAのチームがあったはず!!!

アメリカに行った際には一度見てみたかったNBA。
しかしニューヨークでは日程が合わず、これから向かうシアトルには現在NBAのチームは無い。
諦めてかけていたのだが、ネットで調べたところまさに今日、ポートランドで試合があることが
分かったのだった。やった!!

シアトルへ2泊3日の予定を変更し、今日ポートランドへ一気に向かうことにしたのだった。

アメリカではドライブのイメージだったので、どうしても車で移動してみたかった。
空港へ向かい、レンタカー会社のカウンターで車を借りる。
海外で運転するのはこれが初めて。
左ハンドル、右側通行に不安を覚えつつ出発。
といってもすぐに高速道路に入ってしまったので、運転はそれほど大変ではなかったけど。

車で国境越え
▲アメリカとの国境はかなりの渋滞▲

30分ほどでカナダとアメリカの国境に到着。
今はそれほど混んでない時期らしいけど、30分程並ぶ。
食べ物は持ってないかとしつこく聞かれたけど「No」で無事通過。
本当はお弁当のホットドック持ってたけど。


ハイウェイ
▲街と街のあいだはひたすら自然の中を突っ走る▲

国境を越えると制限速度も距離も全てマイルに変わった。
車のメーターも両方の数字で書いてあるので分かりやすいです。
ヨメと交代しつつ、ポートランドまで280マイル(450km)を突き進みます。
試合開始の7時までに宿を探し、チケットを印刷して、会場へたどり着かないといけない。
あまり時間が無い!!

トラック
▲レストエリア(休憩所)にはアメリカンなトラックが並んでいます▲

フリーウェイの出口には、出たところにあるレストランやモーテルの案内が書いてある。
ポートランドに近い適当な出口を出て、周辺のモーテルを探す。
みつけたインド人経営の宿は冷蔵庫や電子レンジなど設備はホテル並みで、値段もそこそこ。
プリンターも借りれたのでチケットを印刷でき、なんとか間に合いそう。よかった!!

モーテル
▲モーテルはアパートみたいな外観です▲

再び車でポートランド市内のスタジアム、ローズガーデンアリーナへ。
ポートランドはバラの産地らしい。
1時間前の開場にあわせ、多くのファンが集まってきていた。
皆ユニフォームを着て楽しそうに開場を待っています。

開場前
▲開場前の行列▲

前日にNBAのサイトで買えたのは15ドル以下の安い席か、130ドルの高額な席のみ。
当然15ドルの席を購入。
試合が始まると、大きなアリーナはほぼ全席が埋まっていた。
人口50万人足らずの街で2万人の客が集まるのだから、すごい集客力だ。
アウェイチームの応援は皆無です。

NBAスタジアム
▲憧れのNBAのスタジアムです▲


試合は地元ポートランド・ブレイザーズが惜しくも4点差で負けてしまった。
しかし勝ちを願う地元サポーターの応援は開場が一体となっていて、すごい迫力だった。
速攻のダンクが決まったとき、3ポイントが決まったときは総立ちです。
アリウープなんかも、簡単そうに決まっちゃいます。
試合以外にも、空飛ぶFordの車や、観客を使った面白い映像など、楽しめる要素が沢山。

Frodのプロモーション
▲Fordのプロモーションは空飛ぶ自動車▲

念願のNBAを見れて、楽しい一日でした。

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。